海外FX比較まとめ

米中貿易戦争の次は,米欧貿易戦争?
軟着陸に向かう米中貿易戦争、米国の次のターゲットはEU? 米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は今月17日、米中が通商協議の次回交渉の日程で暫定合意し、両国の交渉官は5月下旬、もしくは6月初旬に調印式を行うことを […] 投稿 米中貿易戦争の
楽観論に騙されるな! 期限延期でさらに高まる『合意なき離脱』リスク
広がる楽観論へのギモン 期限延期でさらに高まる「合意なき離脱」リスク 今月10日、欧州連合(EU)は臨時首脳会議を開き、英国のEU離脱(ブレグジット)の期限を10月31日に延期することで合意しました。 当初、離脱日は3月 […] 投稿 楽観論に騙され
為替市場におけるマーケットメイカーの今昔
勢力図が変わる外国為替市場 ユーロマネー・インスティテューショナル・インベスター誌は昨年5月、JPモルガン・チェースが世界の為替取引の市場シェアで首位の座を獲得し、これまで4年連続トップだったシティグループが5位に後退し […] 投稿 為替市場におけ
FRBへの口先介入をもくろむトランプ大統領の誤算
FRBに不快感を募らせるトランプ大統領、利下げの口先介入も? 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は今月2日、トランプ大統領が3月にFRB(連邦準備制度理事会)のパウエル議長に「君とは離れたくても離れられないよ […] 投稿 FRBへの口先介
米国債で逆イールドが発生した原因を冷静に分析してみると
米国は「逆イールド」でリセッション入りするのか? 今月22日、米国債券相場で米10年債利回りと3カ月物TB利回りが逆転する「逆イールド」が発生しました。 米国では、昨年12月にも3年債と5年債の利回りが逆転する「逆イール […] 投稿 米国債で逆イール
FOMCのハト派への転向 10月以降に利下げの可能性
ハト派に転じたFOMC、10月に利下げの可能性も 米連邦公開市場委員会(FOMC)は、今月19・20両日に開いた定例会合で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.25-2.50%のレンジで据え置きました。 また、 […] 投稿 FOMCのハト派
英国,いかなる場合でも合意なき離脱を回避する事を選択
英議会がEU離脱延期を条件付きで可決 英下院は14日夜(日本時間15日未明)、約2週間後に迫った29日の欧州連合(EU)離脱を1回限り、6月30日まで延期するとの政府動議を賛成多数で可決しました。 動議は、下院が2度否決 […] 投稿 英国、いかなる場
ドイツ銀行,弱者合併構想の行方
ドイツ銀行とコメルツ銀行の合併、政府主導で実現の可能性高まる 今月12日、ブルームバーグが事情に詳しい関係者の話として、ドイツ銀行とコメルツ銀行が非公式の合併協議を強化していると伝えました。 ドイツ銀の取締役会はコメルツ […] 投稿
bitwallet(ビットウォレット)とSTICPAY(スティックペイ)を徹底比較
海外FX口座を利用する際の資金の入出金に便利なのがオンラインウォレットです。 海外FX業者は、bitwalletか、STICPAYのどちらかしか扱っていないところが多く、その海外FX業者によって使い分けることが必要になっ […] 投稿 b
英EU離脱を巡る日本自動車企業の動向|それぞれが抱える事情とは
EU離脱を巡る大手自動車メーカー3社の事情 先月19日、日本の自動車メーカーであるホンダが、英国での自動車生産から撤退することを発表しました。 ホンダは、2021年までに英国にある自動車工場を閉鎖し、主力車シビックの新モ […] 投稿
2回目の米朝首脳会談の結果は予想外?想定内?3回目はあるのか?
決裂した米朝首脳会談、3回目はあるのか? 先月末にベトナムのハノイで行われた2回目の米朝首脳会談は、予定された共同合意文書の署名に至らず、物別れに終わりました。 会談の冒頭で米トランプ大統領は、「これまで私たちは前進して […] 投稿 2回目の米朝首
消費税引き上げが為替相場に与えるインパクトを考察する
消費税引き上げが為替相場に与えるインパクトを考察する 安倍首相は2018年10月15日の臨時閣議で、2019年10月から消費税を現行の8%から10%に引き上げる方針を表明しました。 これまで2度にわたって増税時期を延期し […] 投稿 消費税引き上げが
STICPAY(スティックペイ)口座からの具体的な出金方法
  【もくじ】 【STICPAY(スティックペイ)口座からの出金方法】1.)STICPAY口座からの出金方法一覧・STICPAY口座からの出金手数料と着金時間の目安2.)STICPAY口座からの出金(海外銀行送 […] 投稿
9割の市場関係者が予想を外したドル円相場 3月以後の為替はどうなる?
予想外に進む円安、今後為替はどう動くのか? 米中通商協議の交渉担当者らは今月22日、通貨に関する合意がまとまったことを受け、協議を週末まで延長すると表明しました。 これにより、交渉の決裂や対立激化は免れそうだとの観測から […] 投稿 9割の市場関係者が
STICPAY(スティックペイ)の入出金方法を解説
海外などで送金が必要な時、とても便利なのがこのSTICPAY(スティックペイ)口座です。 そこで今回は、海外FXの入出金に便利なSTICPAYの入出金方法を解説。各手数料や口座反映時間など一つ一つ詳しく紹介していきます。 […] 投稿 STICPAY(ス
STICPAY(スティックペイ)の口座開設方法
STICPAY(スティックペイ)はネッテラーに代わる海外FXの入金・出金方法として注目されています。 このSTICPAYを使うことで誰でも簡単に海外のFX業者とお金のやり取りを行うことができます。 そこで今回はSTICP […] 投稿 STICPAY(スティ
中国不動産バブル崩壊 ~空室だらけでも価格上昇してきたカラクリ~
中国に忍び寄るリーマン・ショック超えの不動産バブル崩壊 昨年11月、ブルームバーグは中国全体で数千万戸に上るアパートや家が空き家となっていると報じました。 調査を行った四川省成都市の西南財経大学の甘犁教授によると、中国の […] 投稿 中国不動産バブル崩壊
消費税増税を目前に控え,日銀の打てる手は限られている
遠のく2%の物価上昇目標、日銀の次なる一手は 日本銀行は1月22日から23日に開いた金融政策決定会合で、今後の物価上昇率の見通しを引き下げました。 政策委員が示した2019年度の消費者物価指数(CPI、生鮮食品を除くベー […] 投稿
Axiory(アキシオリー)とbitwallet(ビットウォレット)の提携解除に関する意見の食い違い
Axiory(アキシオリー)とbitwallet(ビットウォレット)が契約解除 現在、海外FX会社のAxiory(アキシオリー)について、さまざまな情報が錯そうしていますが、2月11日現在の、Axiory(アキシオリー) […] 投稿 Axiory(ア
他のボーナスと併用可能!XMのbitwallet入金ボーナス10% 最大2,000ドル
XMでは2019/01/30より、新たに10%の入金ボーナス、「bitwalleロイヤルティ入金ボーナス」が追加されました。 公式サイトのプロモーションには載っていませんが、会員ページにログインするとホームに画像のような […] 投稿
『合意なき離脱』を避けるためにメイ首相が狙う最後の一手
最後のチャンスを得たメイ首相、「合意なき離脱」を回避できるか 1月29日、英下院は欧州連合(EU)離脱合意案の複数の修正案を採決し、アイルランドの国境問題の「バックストップ」を撤回する修正案などを承認しました。 これを受 […] 投稿 「合意なき離脱」
日本の3連休が狙い目? ヘッジファンドの仕掛け暴落に要警戒
狙われる日本の「3連休」、個人投資家は為替暴落に警戒を 1月15日、金融先物取引業協会はウェブサイトにて1月3日に発生したロスカット等未収金についてデータを公表しました。 1月3日といえば、外国為替市場でドル/円が暴落し […] 投稿 日本の3連休が狙い目
新冷戦により中国経済にさした影.通商合意に自信を見せるトランプ
減速する中国経済の命運を握る米トランプ政権 今月18日の米国株式相場は、米国と中国が貿易摩擦の解消に近づいているとの期待が膨らみ続伸し、6週間ぶりの高値をつけました。 日本をはじめとするアジア市場でも、ムニューシン財務長 […] 投稿 新冷戦により
『合意なき離脱』がイギリス経済に与える影響
英国「合意なき離脱」で戦後最悪の不況も 今月15日夜(日本時間16日未明)に、英国メイ政権と欧州連合(EU)の間で合意されたEU離脱案の受け入れ是非を問う採決が英国下院で行われ、賛成202票、反対432票の大差で否決され […] 投稿 「合意なき離
『パウエル・プット』に期待できない理由
暴落の中で行われたFRB元議長たちとの討論会 今月4日、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は、イエレン、バーナンキ両元議長との討論会で、利上げを停止する可能性もあり得るとの考えを示しました。 パウエル議長は、「利上げ […] 投稿 「パウエル・
『パウエル・プット』に期待できない理由
暴落の中で行われたFRB元議長たちとの討論会 今月4日、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は、イエレン、バーナンキ両元議長との討論会で、利上げを停止する可能性もあり得るとの考えを示しました。 パウエル議長は、「利上げ […] 投稿
年末株価急落,ムニューシン財務長官と比較される人物とは?
スケープゴートにされるムニューシン財務長官 米国株式市場が下落する中、ムニューシン米財務長官は23日、大手米銀トップと電話協議を行い、24日には「プランジ・プロテクション・チーム」(市場の急落を阻止するチーム)とも呼ばれ […] 投稿 年末株価急落
パウエル議長解任も!? 株価暴落でトランプ大統領が強権人事発動か?
解任が検討されるパウエル議長、トランプ大統領による仰天人事も? 12月22日、トランプ米大統領がパウエル連邦準備理事会(FRB)議長解任の可能性を非公式に議論していたことを関係筋が明らかにしました。 ムニューシン財務長官 […] 投稿 パウエル議長
混迷の英国,EU離脱交渉に出口はあるか?~迫るEU離脱期限~
混迷を極めるEU離脱交渉に浮上する「ウルトラC」 英国の最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首は、今月17日夜、メイ首相に対する不信任決議案を下院に提出しました。 メイ首相は、土壇場で議会の採決を見送ったEU離脱協定 […] 投稿 混迷の英国、
逆イールドをもたらしたヘッジファンドの『カーブフラットニング・トレード』
2019年の金利予想と景気見通し 今週開催されるFOMC(米連邦公開市場委員会)について、債券トレーダーは利上げされることがほぼ確実と見ていますが、FOMC による2019年の金利予想と景気見通しの発表に注目しています。 […] 投稿 逆イールドを
利上げ見送りの可能性であらわれる米国市場の株価底打ち期待
「ファーウェイ・ショック」で底打ち期待の米国市場に浮上する利下げ観測 今月10日の東京株式市場では、前週末の米国株式市場でNYダウが558ドル安と大幅に続落した流れを受けて、朝方から主力輸出株をはじめ広範囲に売りが波及し […] 投稿 利上げ見送り
『逆イールド・ショック』で,今後の米利上げペースはどうなる?
長期債の金利低下が意味するもの 今月7日の米株式相場は大幅続落となり、S&P500種株価指数は週間ベースで4.6%安と、3月以降で最大の下げを記録しました。 下落の要因として、雇用統計で非農業部門雇用者数が市場の予想を下 […] 投稿 「逆イールド
【BOEが警告】イギリス合意なきEU離脱が招くポンドの急落
英国の「合意なき離脱」でポンド25%急落も 11月25日の緊急首脳会議で、EUは英国の離脱案を正式に承認し、離脱協定に合意しました。 残された手続きは、英下院と欧州議会での承認だけとなりましたが、今回の離脱協定合意につい […] 投稿 【BOEが警
トランプの輸入関税の引き上げがアメリカ経済を直撃する日
米企業に負担を強いる「アメリカ・ファースト」とは一体何なのか 11月26日、トランプ米大統領は中国で製造された「iPhone(アイフォーン )」などの携帯電話やノートパソコンに10%の関税を課す可能性があると述べ、これを […] 投稿 トランプの輸
レイ・ダリオの予言から見える米国バブル崩壊の影
米国バブルはいつ賞味期限切れになるか 今年の7月27日、トランプ米大統領は第2・四半期国内総生産(GDP)速報値が前期比年率4.1%増と力強い成長を記録したことについて、「自身の指導力の下で経済が目覚ましく好転しつつある […] 投稿 レイ・ダリオ
ブレグジット・リスク再燃でポンドは予断を許さない状況に
ポンド急落はメイ内閣の閣僚の相次ぐ辞任から 11月15日、外国為替市場でポンドが急落しました。 急落の背景にあるのは、相次ぐ閣僚の辞任により、メイ英首相が政権を維持することが困難になるかもしれないという疑念です。 メイ英 […] 投稿 ブレグジット
ドイツ銀行破綻の噂が実現する可能性は…?
ドイツ銀行経営破綻の噂は本当か? 今月に入り、ネットの記事やSNS上で「ドイツ銀行が経営破綻するのではないか?」と騒がれています。 騒動の発端となったのは、おそらく同行が先月24日に発表した第3四半期決算の内容が悪かった […] 投稿 ドイツ銀行破
中間選挙であがったトランプ大統領の再選の可能性
中間選挙の結果は予想通りだったかもしれないけど 11月6日に投開票された米中間選挙は、上院でトランプ大統領が率いる共和党が過半数を維持する一方、下院では野党・民主党が8年ぶりに過半数を奪還するという、世論調査の予想とほぼ […] 投稿 中間選挙であ
民主党躍進でもトランプ大統領『勝利宣言』のワケ
中間選挙の結果は予想通りだったかもしれないけど 11月6日に投開票された米中間選挙は、上院でトランプ大統領が率いる共和党が過半数を維持する一方、下院では野党・民主党が8年ぶりに過半数を奪還するという、世論調査の予想とほぼ […] 投稿
米中間選挙の年のアノマリーと予測しうるシナリオ
アメリカ中間選挙と為替のシナリオ 11月6日に投開票が予定されている米中間選挙まで、いよいよ1週間を切りました。 今回の中間選挙では、与党・共和党が上下両院で多数派を維持できるかが焦点となっていますが、下院は民主党が多数 […] 投稿 米中間選挙の
仮想通貨取引のレバレッジが25倍から2倍~4倍に下げられたら,どうなる?
規制強化で日本の仮想通貨市場「終わりの始まり」へ 今月19日、金融庁で仮想通貨規制のあり方を議論する「仮想通貨交換業等に関する研究会(座長=神田秀樹・学習院大学大学院法務研究科教授)」が開催されました。 会合の中で、仮想 […] 投稿 仮想通貨取引
米ドル連動をうたうテザーの急落によりビットコイン急騰
今月15日、米ドルとの連動をうたう仮想通貨テザー(Tether/USDT)が突然急落、大規模な資金流出に見舞われ、一部の投資家が大きな損失を被りました。一方で、ビットコインは3週間ぶりの大幅高を記録するなど、仮想通貨市場はテザー急落をきっかけに乱高下となっています。 投稿
仮想通貨の急落要因は世界同時株安にあらず
米国の仮想通貨ヘッジファンド、エレメント・デジタル・アセット・マネジメントは11日、仮想通貨相場が急落している本当の理由は仮想通貨取引所ビットフィネックスにおける「取り付け騒ぎ」ではないかとするレポートを出しています。 投稿 仮想通貨の急落要因は世界同時株安にあらず&
【仮想通貨】Zaif流出事件を受けて金融庁が打ってくる規制手段は?
あそこはやばいと前々から噂の絶えなかったZaifが起こした仮想通貨流出事件。 アーリーリタイヤする気満々の有名社長が率いるテックビューロに対してなかなか香ばしい噂が絶えない中、金融庁が打ってくる次なる規制の第一手が気にな […] 投稿 【仮想通貨】Za
XMのオートリベートとは? 新たなIBキャッシュバックを解説
海外FX利用者の間では、IB業者のキャッシュバックを利用して取引するのも一般的になってきた昨今ですが、ここに来てXMでは新たな形のリベートプログラム「オートリベート」の提供を発表しました。 すでに一部のIBサイトでは発表 […] 投稿 XMのオー
HotForex(ホットフォレックス)VIPコンテストに参加しよう
HotForex(ホットフォレックス)2018年VIPコンテストを開催! 総額10,000ドルからの賞金を獲得しよう。上位4名には素敵な賞金が進呈され、優勝者には美しい地中海の島国、キプロス旅行が贈られます。コンテストの締め切りは2018年12月3日。お早めにエントリーを! 投稿
XM Trading(エックスエム トレーディング)出金方法を詳しく解説
XMTrading(XM)の出金方法やオススメなどを徹底解説。XMの出金にも細かいルールがあり結構複雑ですので、出金できなくて焦る事のないように、この記事を参考にして頂きたいと思います。そこで今回は、出金方法などをわかりやすく解説していきます。 投稿 XM
XM Trading(エックスエム トレーディング)口座への入金方法
XM(XM Trading)の入金方法やオススメなどを徹底解説。XM Tradingには、入金や出金に細かいルールがあり結構複雑ですので、出金できなくて焦ることのないように、この記事を読んで参考にしていただければと思います。そこで今回はXM Tradingへの入金方法を説明していきます。 投稿